CSR

環境方針・社会貢献活動

大切なのは私たちの企業活動を通して、地球から地域までの環境を守っていくことです。
省エネや省資源、リサイクルなど、まだまだ課題は盛りだくさんですが、
丸美産業はできることから少しずつでも着実に、全社的な取り組みを実施していきます。

  • 環境方針
  • 社会貢献活動

環境方針

丸美産業は環境方針として山林育成事業を取り組んでいます。1972年、北海道に約20万坪の山林を取得、植林をし計画的に間伐、育成しています。伐採まで60年間かかり次の伐採時期は2048年に10万坪分、2076年に10万坪分を予定しています。
苗木12万本程植林をし、定期的に間伐を行い、60年後に直径30センチ高さ22mのトドマツ等が約2万6,000本、2万㎥分育つ予定です。その他岐阜県高山市に約160万坪の山林を所有しています。これらの山林により、電気、ガス、燃料等把握できる範囲において当社が排出するCO2排出量を上回る量のCO2を吸収しています。

社会貢献活動

Provided by UNBC

「マルミ基金」で深まる人材育成交流

丸美産業の設立50周年記念事業の一環として、またマルミカナダランバーリミテッドの設立7周年を記念して実施されたのが、カナダブリティッシュコロンビア州ノーザンブリティッシュコロンビア大学での奨学金制度です。1996年、同大学の林産科に「マルミ基金」を開設し、今日まで多くの優秀な学生に奨学金が授与されています。丸美産業はカナダとの国際交流はもちろん、グローバルに活躍する人材育成に貢献しています。