丸美産業の歩み

OUR STORY

日清・日露戦争後の不景気、相次ぐ大災害、伝染病との闘い。
大正デモクラシーの明るいイメージとは反対に1920年代の日本は貧乏、病気と、生きていくのに本当に大変な時代でした。
大正から昭和、平成そして令和へ。
創業から太平洋戦争へと突入をし、数多くの危機を乗り越えて今に至った丸美産業のストーリーをお伝え致します。

この物語の
始まりは

年代

新堀川(中区平和)

誕生

繊維産業の中心地であった一宮市尾西起町にて嶺木丵(しげる)
の長男嶺木一夫誕生
第一次世界大戦による空前の好景気、狂乱物価をもたらした年
となる

創業

ヨーロッパ列強は市場に復帰、世界が生産過剰となり戦後恐慌
に突入、3月15日東京株式市場が大暴落
岐阜県垂井町から移住して先代から含めて28年間営んでいた
一宮市起町の機織り業を畳んで転業
名古屋市中区の完成後間もない新堀川にて嶺木丵が丸美材木店
として始める

少年時代の嶺木一夫

承継

嶺木丵が36歳にて急死したため、
近藤助三郎(嶺木丵の義兄)が承継
この年、ニューヨークの株式市場が大暴落、世界恐慌へと突入

戦争

  • 近藤助三郎の死により嶺木丵の長男一夫が弱冠20歳にして
    丸美材木店を継承
    未経験だったが初期の戦争景気により商売は順調に推移
嶺木一夫(2列目左から4人目)中国九江の野戦病院にて

徴兵

  • 嶺木一夫 軍隊の召集を受ける
  • 在庫整理、売掛金の回収を数日で行い経済的打撃を受ける
  • 中国へ衛生兵として出兵 上海、九江、武漢の野戦病院を回る
  • 姫路から従軍看護師として来ていた八重納と出会い帰国後に結婚

帰還

  • 兵役解除により帰還
    丸美材木店は戦時中の企業統制整備令により廃業となっていた
嶺木一夫(右)フィリピン
にて

再徴兵

  • 嶺木一夫 再度の招集により太平洋戦争末期の
    フィリピンへ特別攻撃隊付衛生兵として出兵
  • マニラ近郊のリンガエン湾にて米軍に船を撃沈される
  • フィリピンのジャングルを1年間米軍から逃避行する

終戦

  • 終戦後マニラ南方のバタンガス収容所に1年間収容される
    この時戦争捕虜としてアメリカの合理主義に強い印象を受ける

生還

  • 嶺木一夫フィリピンより生還を果たす
  • 変わり果てた日本、名古屋の姿を目の当たりにすると共に
    祖母がすでに他界していた事を知る
当時珍しいスクーターに乗る
嶺木昌行最高顧問(左)と
嶺木一夫名誉会長(右)

再開

  • 嶺木一夫 嶺木丵の残した新堀川の土地で木材業を再開
  • 友人と共同により資本金18万円で先代の屋号丸美を継承して
    従業員3人を雇い合資会社丸美商会を設立する
  • 北海道で入札に参加し、室蘭港よりナラ、タモ、キハダ、
    セン、カツラ等家具用原木を名古屋港に移入
  • 海上保険が未整備であったため輸送中の事故等もあり
    大変苦労をする
  • 戦後の復興景気により北海道広葉樹材は飛ぶように売れ、
    丸美商会の成長と発展に弾みをつける

成長

  • 堀川下流の熱田区白鳥に出張所を開設し、
    木曽檜の販売を開始する
嶺木一夫(左から3番目)

設立

  • 嶺木一夫が協同経営から独立し、名古屋市中区の新堀川にお
    いて資本金65万円で丸美木材株式会社を設立する
  • 伊豆方面の山林経営に乗り出し山林を購入。欅等の天然優良
    大径木が大量に出材し財政的基盤づくりに大変貢献する
  • 台風により伊豆の岸壁土場の原木が海に流出し漁船に
    多大な被害を与える
  • 山師による良材の窃盗、購入代金持ち逃げ等により何度も
    赤字を被る
  • 天然の広葉樹材が減少し徐々に針葉樹材へ、伊豆から岐阜県
    飛騨地方の山林事業へ移行する
1954年頃 熱田区
白鳥 製材工場
1955年頃 本社 堀川
(中区正木町)
1955年頃 後の経営陣

本社移転

  • 針葉樹の取り扱い増大に伴い名古屋木場街の中心、中区正木町
    (堀川中流)に本社を移転
  • 岐阜、長野、九州、四国の山林から集材、5指に入る官材問屋
    に業容を拡大する
  • 鉄道車両用材、造船用材として原木を販売
  • 設立時からの熱田区白鳥貯木場(堀川下流)に隣接する出張所
    に製材工場を2か所建設し製材品を納材
  • その後朝鮮復興特需により3年間ほど商社を通じて大韓民国へ輸出、
    好景気が続く

渡米

  • 戦後復興需要で大量の木材消費により国内の森林が枯渇し相場
    が高騰
  • 嶺木一夫 木材購入のため渡米
新堀川(熱田区白鳥) 本社 製材工場
白鳥工場 製材機
新堀川 白鳥
貯木場事務所
配送作業の様子

本社移転

熱田区白鳥の製材工場兼貯木場隣接出張所に本社を移転する

伊勢湾台風襲来

災害

  • 伊勢湾台風襲来 貯木場から20万トンの木材が流され住宅地
    を襲った
  • 当社も白鳥の原木が全て流され膨大な被害を受ける
建材倉庫

多角化

  • 商社を通じて米材原木を輸入、販売を開始する
    現地の輸出港の不整備、運搬船の問題、日本での通関等で経費
    が嵩み、まったく採算が合わず苦労をするが輸入材の時代到来
    を確信し継続して取り扱うことを決断
  • 名古屋の貯木場が熱田区白鳥から港区木場、東名古屋港、金城
    ふ頭、南区加福へ広がる

建材

  • 建材の取り扱いを開始する
    原木商売と比べ魅力は少なかったが多角化への第一歩となる
旧本社社屋
(昭和40年竣工)

本社移転

  • 名古屋市瑞穂区瑞穂通3丁目に本社を建設移転する

別荘地
開発

  • 度重なるアメリカ出張により現地のアウトドアライフに魅せら
    れて山中湖畔に個人用別荘を購入
  • これは事業になると直感し三重県伊勢志摩で地元業者から情報
    を得て15万坪と8万坪の山を購入
  • 山林購入と手荒い山師との交流により養われた直感力を活かし
    て別荘地の開発分譲を始める
  • この別荘地分譲事業により不動産との関わりが増加し後のマン
    ション事業へと繋がっていく。
南区弥次ヱ町の
金属サッシ加工工場

サッシ
工場

  • 南区弥次ヱ町に工場を造り金属サッシの加工販売を開始する
名古屋西部木材港 倉庫

木材倉庫
移転

  • 木場の中心が港区から埋め立て完成をした名古屋西部港(愛知
    県飛島村)に移るとともに名古屋西部木材港の土地約8,000坪を
    購入、木材倉庫を移転

マンション

商号変更

  • 嶺木一夫がマンション事業を研究するために東京を視察
  • 将来性を感じたたため分譲マンションの販売を開始する
  • 丸美産業株式会社に商号を変更

  • 岐阜県御嶽高原において80万坪の山を購入別荘地開発分譲を
    行う

住宅分譲

  • 分譲住宅の開発販売を行う
  • 別荘地管理、マンション管理を事業主体とした
    丸美リッチランドサービス(株)を設立する

継承

  • 嶺木昌行 社長に就任
  • マンション事業の成熟化、採算悪化により大幅に縮小 
    嶺木昌行社長の決断により事業閉鎖は免れ、年間1棟 最低限の数を残して継続

山林育成

  • 北海道蘭越町20万坪の山林に植林 2048年、2076年頃伐採する
    予定

直輸入

  • カナダのバンクーバーに木材輸出会社MARUMI CANADA
    LUMBER LTD.を設立
  • バブル経済の崩壊により木材、建材の市場が急速に縮小
  • 地価の下落により住宅価格が下落 そのため潜在していた需要
    が目覚めチャンスを捉えてマンションの売り上げを拡大する
  • 一方原木事業、建材、金属サッシ事業は撤退、木材製品事業も
    大幅に再構築された

  • プレカット工場(金具工法)を開始するも軌道に乗らず2年で
    閉鎖
1998年 設立50周年
記念マーク
成都事務所
大連事務所

中国進出

  • 丸美リゾート飛騨秋神高原朝夢美館オープン
  • 木材の輸入が増加したため中国・成都事務所を開設
イメージガール
まるみちゃん
本社内
ショールーム

模索

  • 木質系建材輸入のために中国・大連事務所を開設
  • バブル経済崩壊以降マンションにより財務基盤は大きく改善さ
    れる
  • 三河、三重、岐阜、静岡、大阪、東京、タイのバンコク
    等へ多展開そして閉鎖、新規事業の発足と閉鎖を繰り返し、
    試行錯誤の20年間が続く

建設業

  • 住宅建設会社丸美デザイン&コンストラクション(株)を設立

継承

  • 南喜幸 社長に就任

社屋建替

  • 本社社屋老朽化により建て替えを実施する
  • 世界同時不況により打撃を受けるが地道に営業活動を行い回復
    を果たす

輸出開始

  • 国産材原木輸出開始 2年後の2017年には売上20億円、
    これはこの年の全国輸出額の6分の1であり日本一となる
八重納夫人と 
愛知カンツリークラブ
(名東区牧野ヶ池公園)にて

永眠

  • 嶺木一夫 永眠する 満100歳
  • 現在の丸美産業創業者嶺木一夫の波乱に満ちた人生、しかし
    晩年は幸せな日々も過ごすことのできた長い人生に幕を閉じた

継承

  • 嶺木一志 社長に就任

創業
100周年

今後の低成長社会を明るいものにするためにも
時代に必要とされる企業であり続けたい。
その様に考えます。

TOP
1910年代